やまちゃネット

サザエさんオープニング都道府県解説(福島県・後編)


2013年7月~9月の夏編オープニングでは、福島県が紹介されました。
各画像の再生ボタンを押すと動画を再生出来ます。(音は鳴りません)

サザエ観光マップ
左上のボタン をクリック(タップ)すると、上部に前半で、下部に後半で紹介された訪問地の名称が表示されます。
訪問地の名称または数字が書かれたサザエさんのアイコンをクリック(タップ)すると、その訪問地が地図の中央に表示され、さらに写真や公式サイトへのリンクも表示されるので非常に便利です。(一部訪問地を除く)
右上のボタン をクリック(タップ)すると、大きな地図を表示できます。
青色のサザエさんのアイコン は前編で紹介された訪問地、緑色のサザエさんのアイコン は後編で紹介された訪問地です。

猪苗代湖
猪苗代湖(いなわしろこ)は、福島県の会津若松市、郡山市、耶麻郡猪苗代町にまたがる、日本で4番目に広い湖です。別名、天鏡湖(てんきょうこ)とも呼ばれます。

阿賀野川水系所属の一級河川の指定を受けており、福島県のほぼ中央に位置します。
面積は琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖に次いで日本第4位となっており、福島県の中では最大の湖となっています。
また、湖面の標高514mは、全国でも有数の標高の高い湖となっており、磐梯朝日国立公園に属しています。

猪苗代湖は、福島県を代表する観光スポットとなっており、日本百景に選定されています。
マリンスポーツやキャンプなど、年間を通して家族連れなどの観光客が多く、白鳥の飛来地としても知られ、湖北岸には天鏡閣(重要文化財)、野口英世記念館などがあります。
冬には、強い季節風に吹き上げられた水しぶきが木などに付着して、そのまま凍り付いてできる「しぶき氷」が有名です。

会津さざえ堂(会津若松市)
会津さざえ堂は、江戸時代後期の特異な建築様式の仏堂です。
堂内は回廊となっており、順路に沿って三十三観音や百観音などが配置され堂内を進むだけで巡礼が叶うような構造となっています。

仏教の礼法である右繞三匝(うにょうさんぞう)に基づいて、右回りに三回匝る(めぐる)ことで参拝できるようになっていることから、本来は三匝堂(さんそうどう)といいますが、螺旋構造や外観がサザエに似ていることから通称で「栄螺堂」、「サザエ堂」などと呼ばれます。
このような堂は江戸後期に東北~関東各地の寺院に建てられました。現存するものとしては、二重らせん構造をもつ福島県会津若松市の旧正宗寺三匝堂(きゅうしょうそうじ さんそうどう)のほか、長勝寺(青森県弘前市)、長禅寺(茨城県取手市)、曹源寺(群馬県太田市)、成身院(埼玉県児玉町)、の西新井大師(總持寺・東京都足立区)などの堂があります。

この「会津さざえ堂」は、2013年4月7日放送に放送された本編「花と星の福島旅行」にも登場しました。

只見川(柳津町)
只見川(ただみがわ)は、柳津町(やないづまち)を通り、福島県の会津地方を中心に流れる阿賀野川水系の一級河川です。群馬県と福島県の境界にある尾瀬沼が源流で、尾瀬を西へ流れます。

いくつかの滝を経て新潟県と福島県の県境を北へ流れ、福島県南会津郡只見町の田子倉に至り北東へ向きを変えます。わずかながらの平地を作りながら伊南川、野尻川、滝谷川を合わせ、柳津只見県立自然公園の中を流れ、福島県喜多方市山都町三津合で阿賀川(阿賀野川)に合流します。

流域の尾瀬沼から田子倉附近までは、銀山平と大津岐以外には集落がない人跡まばらな土地となっています。
銀山平は新潟県魚沼市に属し、江戸時代に銀の採掘により栄えた集落でしたが、奥只見ダムの完成により大部分が水没してしまいました。
大津岐は南会津郡檜枝岐村に属し、只見川に大津岐川が合流する地点にある集落で、奥只見ダムの南にあたります。田子倉附近からは、ほかの川とも合わさって若干の平地をなしているため、比較的大きな集落も存在します。
雪解けの豊富な水量によりいくつかの渓谷を形作っており、ライン下りも盛んです。

フルーツライン(福島市)
フルーツラインは、沿道に桃や梨の果物狩りが出来る観光果樹園、果物の直売店が多いことから名付けられた道路の通称です。
ひとつに福島県福島市西部から北部を走る福島県道5号上名倉飯坂伊達線の約14キロの区間があります。
1995年(平成7年)にふくしま国体が行われることになり、沿線にあるメイン会場、福島県あづま総合運動公園への国道115号からのアクセス路としての性格も持つために、一部の路線で4車線の高規格な道路と生まれ変わりました。

ほかにも、茨城県土浦市の茨城県道199号小野土浦線、茨城県石岡市の大型農道、山梨県の東山広域農道、和歌山県みなべ町、印南町の農道といった路線にフルーツラインという名称がついています。

カブトムシ自然観察園(田村市)
カブトムシ自然観察園は、田村市(たむらし)にある、こどもの国ムシムシランド内の日本初のカブトムシドームです。自然林をネットで覆い、カブトムシをじっくり観察出来ます。
ムシムシランドでは、他にも宿泊施設や飲食店もあり、思う存分カブトムシなどとふれあったり、学んだりできます。

信夫山の大わらじ(福島市)
信夫山(しのぶやま)の大わらじは、福島市にある羽黒神社にそびえ立つ長さ12メートルの大わらじです。
大わらじは毎年2月に行われる「信夫三山暁参り」で奉納されます。
毎年8月にも大わらじの奉納が行われ、昭和45年から夏祭り「福島わらじまつり」として市民の間に定着しています。

相馬野馬追(相馬市・南相馬市)
相馬野馬追(そうまのまおい)は、相馬市(そうまし)・南相馬市で行われる、馬を追う神事および祭りです。
神事に関しては国の重要無形民俗文化財に指定されています。
東北地方の夏祭りのさきがけと見なされ、東北六大祭りの1つとして紹介される場合もあります。

2010年までは、毎年7月23日から25日までの3日間の日程で神事と祭りが一体となって開催されていましたが、2011年からは祭りと神事は日程が分離され、祭りを7月最終週の土曜日開幕、神事を24日・25日に日程を固定して実施することが決まりました。

各郷ごとに騎馬隊が編成され、さらにそれらが神社ごとに三軍に編成されます。
中村城跡と相馬中村神社が所在する相馬市中村地区で編成される宇多郷勢の長は、中村藩主にならって全三軍を率いる総大将となります。
祭りのハイライトの甲冑競馬や神旗争奪戦は、南相馬市原町区の雲雀ヶ原(ひばりがはら)にある相馬野馬追祭場地で開催されます。

尾瀬ヶ原(桧枝岐村)
尾瀬(おぜ)は、福島県(南会津郡檜枝岐村)・新潟県(魚沼市湯之谷地区)・群馬県(利根郡片品村)の3県にまたがる高地にある盆地状の高原であり、阿賀野川水系最大の支流只見川の源流域となっています。
中心となる尾瀬ヶ原は約1万年前に形成されたと考えられる湿原です。
尾瀬国立公園に指定され、日本百景に選定されています。

そのうち、福島県檜枝岐村と群馬県片品村にまたがる場所に尾瀬ヶ原があります。
自動車用の道路が無く、徒歩でしか行くことが出来ません。

一ノ戸川鉄橋(喜多方市)
一ノ戸川橋梁(いちのとがわきょうりょう)は、福島県喜多方市(きたかたし)にある東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線の鉄橋です。
1908年架橋、1910年磐越西線(開通時:岩越線)喜多方 - 山都間開通に伴い供用を開始しました。

阿賀野川水系一ノ戸川にかかる16支間445m、高さ24mの鉄橋で、中間の1支間(7連目)が上路式ボルチモアトラス橋、残り15支間がプレートガーダー橋です。
一ノ戸川の谷は谷底に水田が広がるほど広かったため、このような長大な鉄橋となりました。
建設時は東洋一との呼び声が高かったそうです。

非常にレトロな形状の橋であるため、「SLばんえつ物語号」走行時などは絶好の撮影ポイントとなります(上路式トラス橋は車両への展望を遮るものがなく、非電化区間のため架線柱もない)ので、鉄道ファンやカメラマンに非常に人気が高くなっています。
また、地元でも山都の鉄橋と呼ばれ大変親しまれています。
せせらぎの音を掻き消して列車が放つ走行音は、うつくしまの音30景に選定されています。
期間を限定して「橋梁のライトアップ」がおこなわれています。

高柴デコ屋敷(郡山市)
高柴デコ屋敷は、郡山市にある、でこの製作を行っている株式会社デコ屋敷大黒屋という会社の施設です。
「でこ」とは人形のことで、ここでは、三春駒、お面、十二支、豆だるまなどの「でこ」の絵づけ体験を行うことが出来ます。

新宮熊野神社・長床(喜多方市)
新宮熊野神社(しんぐうくまのじんじゃ)は福島県喜多方市慶徳町新宮にある神社です。
「新宮」と称していますが、本宮・新宮・那智の熊野三山を祀っています。

国の重要文化財に指定されている熊野神社長床(くまのじんじゃながとこ)と呼ばれている拝殿があることで有名です。
現在は、長床のほか、熊野三社本殿、文殊堂、観音堂が残されています。
また、長床前にある大イチョウは高さ30m・根本周り8.1mで樹齢は600年といわれ、喜多方市天然記念物に指定されています。

UFOの里(福島市)
UFOの里は、正式には福島市飯野UFOふれあい館(ふくしましいいのUFOふれあいかん)といい、福島県福島市飯野町青木にあるUFO関係の書籍、資料などを集めた展示館兼多目的公共施設です。
1992年11月に開館しました。

UFO関係のビデオや写真等の資料をおよそ3000点所蔵しています。
この施設のある飯野町はUFOの目撃例が多く、UFOの里としても知られています。
また、UFO専門の施設は国内でも珍しいです。
2008年7月1日の飯野町の福島市への編入合併に伴い、いいのまちUFOふれあい館から改称しました。

フラガール(いわき市)
フラガールは、福島県いわき市湯本にある大型温水プール・温泉・ホテル・ゴルフ場からなる大型レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」内で見ることが出来る、フラダンスを踊るダンサーのことです。
フラガールは、映画の題材になったり、震災後の活動で注目をあびたりしています。

←2013年4月~6月(福島県・前編) サザエ観光案内所TOPへ 2013年10月~12月(静岡県・前編)→