やまちゃネット

ちびまる子ちゃん訪問地紹介『富士山バンザイ』の巻

『富士山バンザイ』の巻
2014年3月23日に放送された本編『富士山バンザイ』では、現・静岡市の観光PRが行われました。


まる子観光マップ
左上のボタン をクリック(タップ)すると、紹介された各地の名称が表示されますので、場所を知りたい項目をクリックしてください。

ボタンを押すと、上部に前半で、下部に後半で紹介された各地の名称が表示されます。

チェックボックスをクリックすると、前半または後半で紹介された地域の目印を消せますので、前半または後半で紹介された地域のみご覧になりたい時に便利です。

右上のボタン をクリック(タップ)すると、大きな地図を表示できます。

巴川
巴川 巴川(ともえがわ)は、静岡市葵区、駿河区、清水区を流域とする、全長17.98kmの二級河川です。

静岡県静岡市葵区北の麻機地区に源を発し、清水区市街地を貫流して清水港に注いでいます。

明治39年(1906年)から大正3年(1914年)にかけて改修工事がおこなわれて直線化され、旧河道は月型に残り貯木場や養魚池として利用されましたが、現在は一部を除いて埋め立てられています。

まる子と友蔵は、キラキラ輝く巴川を泳ぐ小さい魚を見た後、散歩を港まで延長することを決めました。

清水港(静岡市清水区)
清水港(静岡市清水区) 清水港は、富士山を仰ぎ、三保の松原に囲まれた美しい港で外国船員の人気も高く、長崎、神戸とともに日本三大美港の一つに数えられています。
このため、クルーズ客船の寄港も多くなっています。
また、その景観を活かして近年は「市民の憩いの場」、および「観光の場」として公園やヨットハーバー及び大型観光商業施設等の施設整備、さらに「みなと色彩計画」により、富士山など周囲の景観に調和する青を基調とした港湾整備も進められています。
日の出埠頭付近には城壁をイメージした自然石の回廊を配した公園も整備されています。貿易一辺倒の港から観光港としての比重が高まっています。

まる子と友蔵は、清水港で綺麗な富士山を眺めました。

三保松原クルーズ(静岡市清水区)
三保松原クルーズ(静岡市清水区) 三保松原クルーズは、エスパルスドリームフェリーが運航する観光航路です。

清水港内を1周するクルージングと、日の出⇔三保桟橋のミニクルーズの2つのクルーズがあり、まる子と友蔵は、三保の松原への移動も兼ねて、日の出⇔三保桟橋のミニクルーズに乗船したと思われます。

晴れた日は、海と富士のパノラマが「素敵な旅の1ページ」を演出します。

ちなみに、実際にエスパルスドリームフェリーが運航する船にも虹色の線が描かれており、アニメで登場する船はこの船をモデルにしたと思われます。

また、清水港~土肥港(西伊豆)を65分で結び、車も乗せられる
「駿河湾フェリー」も運行しています。

三保の松原(静岡市清水区)
三保の松原(静岡市清水区)

三保の松原(静岡市清水区)
三保の松原(みほのまつばら)は、静岡県静岡市清水区(しみずく)の三保半島にある景勝地です。その美しさから日本新三景、日本三大松原のひとつとされ、国の名勝に指定されています。

2013年(平成25年)6月22日に富士山と共に世界文化遺産に登録されました。
当初、三保の松原は富士山と距離が離れすぎているなどの理由で除外される予定でしたが、三保の松原を世界文化遺産に登録させるために活動した方々や、ユネスコの会議で賛同してくれた海外の方々など、多くの方々の協力のおかげで、無事世界文化遺産に登録されました。

アニメでは、『まるちゃんの静岡音頭』が挿入歌として使用されました。
(エンディングでも表記されています)

羽衣の松(静岡市清水区)
羽衣の松(静岡市清水区) 羽衣の松(はごろものまつ)は、三保の松原にある、樹齢650年を超えるとも言われている松です。天女が衣をかけたという羽衣伝説が残っています。

立ち枯れが進み、いつ倒れてもおかしくない危険な状態だったので、
2013年7月3日に伐採されてしまいましたが、高さ2.5メートルを残して保存されました。

まる子は、友蔵に羽衣について質問しまくり、友蔵を少し困らせました。

駿河湾のサクラエビ・シラス
駿河湾のサクラエビ・シラス 駿河湾(するがわん)は伊豆半島先端にある石廊崎と御前崎を結ぶ線より北側の海域で、清水港も駿河湾に含まれます。最深部は水深2500mに達し、日本で最も深い湾となっています。

サクラエビは駿河湾でのみ水揚げされ、日本国内の水揚げ量の100%は駿河湾産となっており、駿河湾周辺の名物となっています。また、駿河湾ではシラスも多く水揚げされています。

静岡おでん
静岡おでん 静岡おでんは、濃口醤油を使い鶏ガラ(および牛すじ)でだしを取った長年継ぎ足しの黒いつゆを使用する静岡独特のおでんです。すべての種に竹串を刺し、「だし粉」と呼ばれるイワシの削り節や鰹節、青海苔をかけて食べます。

読み方は、静岡市周辺での「静岡」の読み方にならって「しぞーかおでん」と読みます。この呼び方をセールスポイントにしている店や書籍も多数存在しています。
2007年には「静岡おでんの会」という団体が「B-1グランプリ」という食の祭典に静岡おでんを出展し、3位となりました。

旧清水市内を含む静岡市内にある多くの駄菓子屋でおでんを販売していおり、静岡おでんは静岡市周辺においてはおやつ、酒の肴、おかずとして季節を問わず幅広く食されています。

安倍川餅
安倍川餅 安倍川餅(あべかわもち)は、和菓子の一種で、静岡市の名物となっています。本来はつき立ての餅に黄な粉をまぶし、その上から白砂糖をかけた物です。

現在では、きな粉をまぶしたものと、こし餡を絡めたものの二種類を一皿に盛った物が一般的となっています。

アニメでは、店のサービスとして安倍川餅が提供され、まる子が喜びました。

久能山(静岡市駿河区)
久能山(静岡市駿河区) 久能山(くのうざん)は、静岡市駿河区にある山です。

標高は216mで、もともと日本平と共に、太古、海底の隆起によって形成されたもので、長い年月の間に浸食作用などのために硬い部分のみが残り、現在のように孤立した山となりました。

久能山東照宮までの階段が結構きつく、アニメでは、まる子と友蔵が疲れ果ててしまいました。

久能山東照宮(静岡市駿河区)
久能山東照宮(静岡市駿河区)

久能山東照宮(静岡市駿河区)
久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)は、日本の静岡市駿河区根古屋に所在する神社です。
晩年を駿府で過ごした徳川家康が元和2年(1616年)に死去した後、遺命によってこの地に埋葬されました。
江戸時代には20年に一度、明治時代以降では50年に一度、社殿を始めとした諸建造物の漆塗り替えが行われており、近年では2006年(平成18年)に社殿の塗り替えが完了しました。
2010年(平成22年)12月に、本殿、石の間、拝殿が国宝に指定されました。
2015年(平成27年)には鎮座400年を迎えるため、様々な催し物が企画、開催されています。

まる子は、久能山東照宮で自分とお姉ちゃんのお守りを買いました。

日本平ロープウェイ
日本平ロープウェイ 日本平ロープウェイ(にほんだいらロープウェイ)は、静岡鉄道が運営するロープウェイです。

静岡市清水区草薙の日本平山頂西側に所在する日本平駅と、駿河区根古屋の久能山山上に建つ久能山東照宮敷地西側の久能山駅とを約5分で結びます。

まる子は、ロープウェイの車内で「草薙から東海道線に乗って、熱海まで行こうか!」と友蔵に提案しますが、残念ながら却下されました。

日本平動物園(静岡市駿河区)
日本平動物園(静岡市駿河区) 日本平動物園(にほんだいらどうぶつえん)は、静岡県静岡市駿河区池田にある静岡市が運営する動物園です。

2005年に直立することが話題になった、レッサーパンダの「風太」の生まれた動物園です。休園日は毎週月曜日(祝日、振替の時は翌日)と12月29日~1月1日となっています。開園時間は9:00~16:30(16:00までは入園可能)で、料金は大人(高校生以上)が600円で小人(中学生以下)が無料となっています。また、日本一長いローラースライダーが設置されています(大人 200円、子供 100円)。ホームページでは飼育日記も掲載しています。施設の老朽化が進んでいることから、2013年春、全面リニューアルオープンしました。

実際は日本平ロープウェイ乗り場から6kmほど離れており、徒歩ではかなりの時間がかかりますが、アニメでは大人の事情により、日本平ロープウェイ乗り場のすぐ近くという設定になっていました。

日本平(静岡市清水区)
日本平(静岡市清水区) 日本平(にほんだいら)は、静岡県静岡市の清水区と駿河区の境界にある景勝地です。駿河湾沿いにある有度山(うどやま)および、有度山丘陵、有度丘陵、日本平丘陵と呼ばれる山塊の頂上部にあります。

日本平からは、富士山や伊豆半島が駿河湾越しに見え、眼下には清水区の街並みと清水港が広がり、北には赤石山脈も望め、夜景のスポットにもなっています。
1959年には「日本平」として国の名勝に指定されました。1980年の日本観光地百選コンクールでは第1位となりました。

日本平の展望台で、まる子やお姉ちゃんたちは夕暮れの美しい富士山を眺めました。
しかし、この後藤木に悲劇が訪れるのであった…

清水のまるちゃんTOPへ